top of page

日本医科大学 脳神経外科

 

 

 日本医科大学には4つの付属病院があり、様々な疾患をあつかっています。全施設での症例数は1600例を超え、まもなく創立60周年となる歴史ある脳神経外科教室です。

 

  現在、脳血管障害、頭蓋底腫瘍、良性腫瘍、顔面痙攣、三叉神経痛、下垂体腫瘍、悪性脳腫瘍、脊髄疾患の治療グループがあり4病院に有機的に配置されており、相互の交流も盛んです

 

 村井は、主に脳動脈瘤、脳動静脈奇形、もやもや病、内頸動脈閉塞症などの脳血管障害と、良性脳腫瘍の外科治療​三叉神経痛や、顔面痙攣の機能外科を担当しております。 また、日本医科大学高度救命救急センター、旭川赤十字病院、Univ. of WA, Harverview Medical Center などの一線の離床施設で研鑽を積んでまいりました。​外傷性疾患では、頸動脈海綿静脈洞瘻の治療経験も豊富です。

 

               

 脳神経外科の分野は、血管障害、腫瘍、脊髄、機能、外傷などの分野に分断しがちですが、基本的外科手術の手技はどの分野でも同じであるからです。

 

 

RESERVATIONS

Phone:  03-3822-2131
 

(メールでの外来予約不可)

日本医科大学付属病院 HPへ

DUTY HOURS

 

 8   to 12 am   Mon.

13:30  to  pm   Sat.

231014_095のコピー.jpg
RIMG11992_edited.jpg
Instrument_edited.jpg

役職

大学院教授

早稲田高等学校卒

日本医科大学医学部卒

日本医科大学付属病院講師(寺本明教授)

日本医科大学高度救命救急センター(山本保博教授)

旭川赤十字病院(上山博康部長)

University of Washington visiting scholar (Prof Sekhar LN)

Duke University visiting scholar(福島孝徳教授)

日本医科大学付属病院准教授(森田明夫教授)

資格

日本脳神経外科学会専門医/指導医、

日本脳卒中の外科学会技術認定医/指導医、

日本脳卒中学会専門医/指導医、

日本小児神経外科学会認定医、

日本脳神経外傷学会認定指導医、

神経内視鏡学会技術認定医、

米国脳神経外科コングレス active international member、

東京都難病指定医、産業医

学位

医学博士 (Murai Y, et al: Three-dimensional computerized tomography angiography in patients with hyperacute intracerebral hemorrhage. J Neurosurg. 1999)

専門分野

脳動脈瘤、 髄膜腫、神経鞘腫の外科治療、内頸動脈閉塞、もやもや病の脳血行再建術、脳動静脈奇形、頭蓋底外科、三叉神経痛、顔面痙攣

もやもや病専門外来、脳動脈瘤専門外来、髄膜腫専門外来、脳ドック説明外来.

受賞歴

日本医科大学医学会奨学賞

日本脳卒中の外科学会賞(鈴木賞)

日本医科大学准講会 研究奨励賞(外科領域)

Best Doctors 2018-2019, 2020-2021, 2022-2023

所属学会

日本脳神経外科学会 指導医(代議員)
日本脳神経外科コングレス
日本頭蓋底外科学会 (理事)
日本脳卒中学会指導医(評議員)
日本脳卒中の外科学会指導医(代議員)

日本脳神経外傷学会指導医
日本脳神経血管内治療学会
日本脳神経外科手術と機器学会
日本脳腫瘍の外科学会

日本脳ドック学会
蛍光ガイド手術研究会(世話人)
米国脳神経外科コングレス(CNS)

国際脳神経外科連合 (WFNS)

アジア オーストラレイシア

脳神経外科学会 (AASN)

Hanakuma
Hiroshima
Karuizawa
Kanda
BNI
Sedona
Canioning
BNI
Kussharo
bottom of page